スーパーウォール工法

ホーム > スーパーウォール工法
スーパーウォール工法Ⅰ

スーパーウォール工法Ⅰ

ご家族が心からくつろげる住まいとは・・・ この永遠のテーマに、私たちは「スーパーウォール工法」という、独自の木造軸組+パネル構造でお応えいたします。高品質パネルですっぽりと包み込まれた生活空間は、地震などへの安心感をもたらすほか、温湿度・換気・遮音など、住宅性能のあらゆる面で快適な住まいを実現。さらに、自由設計でこだわりのスタイリッシュな外観、ご家族のライフスタイルにあった間取りプランを実現できます。ご家族みんなの満足を内包する住まい、それがスーパーウォール工法住宅です。

スーパーウォール工法Ⅰ

SW工法住宅の優れた保温性は、下の比較画像からも明らか。
高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

スーパーウォール工法Ⅰ

スーパーウォール工法Ⅰ

スーパーウォール工法Ⅰ

スーパーウォール工法Ⅱ

スーパーウォール工法Ⅱ

冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じる不快感。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大問題となります。

スーパーウォール工法Ⅰ

玄関ドアやサッシなどは、基材のアルミと断熱性にすぐれた樹脂素材(アルミの1250倍)の複合構造。アルミの特長をそのままに、樹脂が窓まわりの激しい熱移動をしっかり抑えます。また、基礎部分の熱移動には、基礎の内側または床での断熱施工でしっかり対応します。

スーパーウォール工法Ⅱ

次世代省エネルギー基準とは、地球温暖化防止策の一環として、住宅におけるエネルギー消費に伴うCO2排出削減を目的に設定された、現在の省エネ最高水準となる基準です(1999年3月公表)。省エネ効率向上を目指して、断熱性能、気密性能、通風・換気、暖房などについて基準値が設定されています。

スーパーウォール工法Ⅱ

スーパーウォール工法Ⅱ

スーパーウォール工法Ⅱ

ページトップへ